忍者ブログ
管理人の無駄話と更新履歴。
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
皆さんのぱちぱちに支えられています



本家サイトはこちら

携帯用サイトはこちら

お便りはこちらへ
最新CM
[12/15 たつまき]
[11/19 さらり]
[09/23 かおる]
[09/22 旅人]
[09/06 yucca]
最新TB
ついったー
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

学校の日とか、仕事の日の朝、具合が悪くなる・・・というのはたまに聞きますが、私は休みの日の方が体調が崩れる傾向にあります。何?気が抜けてるのが良くないのかな?
昨日も午前中は胃痛、午後から寝るまで偏頭痛でうーっとなっていたのですが、今朝起きたら嘘のようにけろっと!今日は仕事なんですが、ものの見事にけろっと治ってしまいました・・・。そんなに仕事大好き人間じゃないはずなのに・・・・( ̄▽ ̄)

微熱~、書きたかった場面まであと一息です。
他にも書きたいエピソードはごろごろあるのに、初えっちが長引いて手がつけられないジレンマ。少年から青年への心と体の成長とか、瑞々しい初恋の甘酸っぱさは野分サイドでどうぞ読んで下さい・・・ごめんよ、ヒロさん、ちゃんと書いてあげられなくて(笑)
ああっ!弟野分が可愛い!この純情を天然兄貴が知らずに踏みにじった挙げ句、現在の様な(中学生野分)クールビューティーな彼になってしまうんですね・・・。中学生の野分がどこか冷めているのは、年頃のせいもあるんでしょうが。子供っぽく見られたくないという見栄も多少はあるだろうし・・・。そして実年齢より幼く初心な兄はそんな野分の態度にいちいち傷ついている訳です。本当は優しくして欲しいんだよね。多分ただそれだけ・・・・ぐるぐる悩んでいるけど、ヒロ兄は単純な男だと思います。

頭の中でぐるぐるし続け、背徳と劣等感に苛まれながら愛を謳うヒロ兄を書いていると、どうしても思い出す話がひとつあります。同世代のジュネストだけ笑って下さい。往年の名作、今は亡き栗/本/薫先生の「終/わ/り/の/な/い/ラ/ブ/ソ/ン/グ」・・・この物語の主人公、双/葉がかぶる・・・んです(笑)これもまたぐるぐる考え込む幸薄い子で、連載当初は夢中になって読みつつも(毎号泣きながら読んでた)話の進まなさにイライラもしてた(笑)のをふと思い出して、皆さんがそうなってないといいなーって。
あ、興味持たれたお嬢さん、文庫本が純愛~と同じ角/川/ル/ビ/ー文庫で出ています(笑)何巻まであるのかな・・・10巻近かった気がしなくもないですが・・・・書き下ろしで続編とかも出ていた気がしますし。こうして書いていて私が1番読みたいです。膨大な蔵書の中からとても探し出せないですケド・・・。



◆ 更新履歴 ◆

SS『微熱のころ 第24話 ~月下美人~ 』 更新しました。 

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示

この記事にトラックバックする



この記事へのトラックバック
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[293] [292] [291] [290] [289] [288] [287] [286] [285] [284] [283]

Copyright c 萌えたり、ぼやいたり。。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]