忍者ブログ
管理人の無駄話と更新履歴。
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
皆さんのぱちぱちに支えられています



本家サイトはこちら

携帯用サイトはこちら

お便りはこちらへ
最新CM
[12/15 たつまき]
[11/19 さらり]
[09/23 かおる]
[09/22 旅人]
[09/06 yucca]
最新TB
ついったー
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『 微熱のころ ~星空のベッド~ 』


イギリスから日本に帰ってきて、一番最初に遊ぶようになったのは、向かいの家の兄弟だった。

兄の方は本が好きで、負けず嫌いの努力家、向かいの家のどんな老舗料亭かという門構えの和風建築に似つかわしくない、柔らかな茶色い髪に、光を反射させるとべっこう飴みたいな色に見える瞳をした、あまり純和風とは言い難い雰囲気の少年で、弟の方はこれがまたつやつやとした真っ黒な髪と真っ黒な瞳、無口で大人しく、いつも兄の後ろをくっついてまわる可愛らしい少年だったのだ。

家から近い場所にある私立学校の初等部に編入手続きが終わり、学校に通うようになると、ますます兄の弘樹と行動を共にする事が多くなった。学校の行き帰り、休憩時間・・・ハキハキとした元気な子供だったから、俺と一緒に行動しなくても、いくらでも友達はいただろうと思うのに、弘樹は誰より俺を優先してくれ、俺も弘樹と一緒に居る事を望んだ。

学校から帰れば、今度はそれに弟も加わる。

一緒に遊ぶ、と言っても俺達3人での遊びは走り回ったり、木に登ったりといったアクティブな遊びではなく、庭の芝生にごろごろしながら本を読んだり、空想話に浸ったり・・・といったもので、小さな子には退屈だったのだろう、俺と弘樹より4歳幼かった野分は、度々眠くなっては、芝生の上に仰向けに寝そべったまますやすやと寝息をたてていた。

その日も、理科の時間に学んだ夏の星空を星座早見盤を使って観察する、という宿題の為に、俺の家の屋根裏部屋に布団を敷いてもらい、一晩そこに泊まる事になっていて、夕食と風呂を済ませた後、早々に敷布団の上に3人並んで横になったが、10分もしないうちに野分だけ眠ってしまった。

「何だ、こいつ。どうしても一緒に星見るって聞かないから連れてきてやったのに、あっという間に寝やがって。」

「仕方ないさ、まだ小さいんだ・・・暗い部屋で横になってたら眠くなるに決まってる。」

先に眠ってしまった野分は、弘樹のパジャマの裾をしっかりと握っていて、弘樹はそれに構わず一生懸命に星座早見盤を空にかざして見ている。

「・・・弘樹は眠くないのか?」

「別に。いつも結構遅くまで本読んでて起きてるから。」

「成長ホルモンの分泌は夜8時くらいから急激に増加するんだ。夜更かししていたら背が伸びないぞ。」

「う・・・っ・・・うるさいなっ!訳わかんない難しい事言うな!・・・お前な、星座観察、宿題なんだから秋彦もさぼってないでちゃんとやれよ。まだ全然シール貼ってないじゃないか。」

「こんなもの、本見てやれば簡単なんだ。それに東京じゃ明る過ぎて大して星なんか見えない。」

そう言うと、横から弘樹の足が伸びてきて軽く膝のあたりを蹴られた。こいつは可愛い顔をして、その見た目を裏切る乱暴ものなのだ。

斜めになった天井に大きくとられた開閉式の天窓は、今夜だけ大きく開かれていて、布団の上に仰向いていると一瞬星空に自分が浮かんでいるような錯覚をおこしそうになる。

イギリスに居る時には、何かしら母親の気にさわるような事をした時にだけ、罰として閉じ込められるのが必ず屋根裏部屋だったから、埃っぽくて天井が低くて狭いこの部屋が大嫌いだったけれど、3人で過ごす今夜はまるで秘密基地みたいで、どうしようもなくわくわくさせられた。

「秋彦、ここさ・・・俺達部隊の秘密基地のひとつにしないか?」

思っていた事をふと隣から言われて、嬉しさに俺は大きく頷く。

その瞬間、横向きに眠っていた野分がころりとうつぶせになり、「ヒロちゃん・・・・。」と小声で呟いた。

「野分がお前の夢を見てるみたいだぞ。」

「・・・こいつは、寝てても起きてても、こればっかりだ。」

弘樹はそう言いながら野分の真っ黒な髪の毛を、優しく撫でた。

向かいの家の兄弟は本当の兄弟じゃないんだって俺は最近知った。家の屋敷に来るメイド達がしている噂話で聞いたのだ。
下の弟は天涯孤独で、施設から上條の家にもらわれてきたのだという。すでに子供が居る家なのに、変わっている・・・というのが俺が耳にした話だった。

俺にも半分だけ血の繋がった兄がいる。今は全寮制の私立学校に在学していて家には居ないが、居たからといって弘樹達のようにはなれないだろう。

二人が羨ましかった。
血の繋がりなど無くても、信頼し合い寄り添っていられる二人。

「・・・あ、弘樹、流れ星。」

「え?うそうそ・・・俺見えなかった・・・・。」

悔しそうな顔で俺の頭に自分の頭を寄せてくる弘樹とくっつきあって夜空を見上げながら、もう一度、星よ流れろと心で念じる。

いつまでもこの3人で一緒に居られますように。
ずっと変わらず友達でいてもらえますように。
いつか野分が大きくなって、弘樹が本当の兄じゃないと知っても、優しい兄さんの事を変わらず好きでいてくれますように。

俺の願いは多すぎて、星が流れるのを待っているうちに朝になってしまうかもしれない、とふと思った。

 

  ◇ おわり ◇

拍手[25回]

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示

この記事にトラックバックする



この記事へのトラックバック
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[570] [569] [568] [567] [566] [565] [564] [563] [562] [561] [560]

Copyright c 萌えたり、ぼやいたり。。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]